自律神経失調症を治療する【健康食品でスマイリング】

漢方

免疫力を高めるために

免疫力を高めるために

先生

免疫力を高めるには、腸内環境を整えることが大切ですが、もう一方で見過ごせないのが、心の作用です。精神的ストレスが大きいとき、お腹を下すことがあるように、免疫力は精神状態とも密接に関係しているのです。それは、精神状態ひいては「脳」が、腸内環境と深く関係していることと同義なのです。ストレスが溜まるとなぜお腹を下してしまうのでしょうか。それは、ストレスを回避しようとして脳が特別な信号を出すからです。それが自律神経のバランスを乱し、過敏性腸症候群のような症状を引き起こします。過敏性腸症候群によって、腸内環境が悪化すると、不眠や不安感が引き起こされ、それが続けばあらゆる身体的不調が生じてしまうのですが、それは全て腸内環境が悪化しているからなのです。ゆえに、免疫力を高めるには、ストレスを溜めないことが重要になってくるのです。

ストレスを溜めないために

ストレスを溜めずに、免疫力を高めるには、どのようにしたら良いのでしょうか。それにも様々な方法がありますが、その一つに「笑う」ということがあります。笑いの耐えない生活をすることで、副交感神経の働きを高めることが出来るため、ストレス解消とリラックス効果があるのです。さらにビタミンやミネラルを多く摂取したほうが、免疫力を高めるにはいいと言われています。そのため、野菜や果物はしっかりと摂るようにしましょう。また、毎日食べるのが大変というのであれば、健康食品でカバーするという事も出来ます。いまはマヌカハニーや乳酸菌、アガリクスなども免疫力を高める効果があるとされているので、それらを積極的に補っていくことが大事です。

Copyright©2015 自律神経失調症を治療する【健康食品でスマイリング】 All Rights Reserved.