自律神経失調症を治療する【健康食品でスマイリング】

漢方

酸化による病気を防ぐ

酸化の影響

サプリメント

抗酸化物質とは、抗酸化作用のある物質のことで、これを摂取すれば体内の様々な成分や細胞の酸化が防がれやすくなります。酸化は、体にとっては大きな脅威で、これによってもたらされる病気も多くあります。たとえば脂質が酸化すると、過酸化脂質となって体内に蓄積し、動脈硬化を招きます。そして動脈硬化は脳梗塞などの重病の原因となるので、酸化は生命にとっても脅威となるわけです。また、細胞が酸化すると、細胞分裂の過程で異常細胞が生み出されやすくなります。それが続くと体内の異常細胞の数は多くなり、やがてはガンを発症することになるのです。しかし抗酸化物質を摂取することで酸化を食い止めれば、こういった病気を予防することが可能になります。そのため多くの人が、体そして生命のために、抗酸化物質をサプリメントで摂取しています。

ビタミンCとビタミンE

抗酸化物質で作られたサプリメントには、多くの種類のものがあります。たとえば野菜や果物に含まれているポリフェノールの一種のアントシアニンやセサミン、カロテノイドの一種のルテインなどです。また、青魚に含まれているDHAやEPAも、抗酸化物質の一種です。これらのサプリメントは、いずれも飲むことにより、体内で酸化を抑制する効果を発揮します。しかし特に抗酸化作用が強いことから注目されているのは、ビタミンCとビタミンEとが一緒に配合されているサプリメントです。なぜならビタミンCがビタミンEに活力を与えることで、ビタミンEはより一層酸化抑止に力を発揮するようになるからです。つまり一緒に摂取することで相乗効果が期待できるようになるため、このサプリメントには特に高い人気があるのです。

Copyright©2015 自律神経失調症を治療する【健康食品でスマイリング】 All Rights Reserved.